ヘルパー派遣事業

地域社会で自立生活を営む方々・目指す方々をサポートするために様々な形態のヘルパー派遣を行っています。

 

居宅介護(家事・身体介護等のホームヘルプ)

重度訪問介護(重度身体障害者を対象とするホームヘルプ等)

移動支援(ガイドヘルプ)

同行援護(視覚障害者を対象としたガイドヘルプ)

 

以上4つのサービスを中心に提供しています。

◯私たちが目指していること

推進協は、障害があってもなくても誰もが自分らしく安心して生き生きと地域で生活できるような社会になることを目ざしています。1993年に箕面市で活動してきた3つの障害者団体が資金を出し合って設立されました。

 

地元箕面市で1999年にNPO法人となり、身体介護、家事援助、通院等介助、重度訪問介護、視覚障害者への同行援護、移動支援など様々な支援を日常的に行っています。

 

障害者総合支援法のもとで、介護サービスという商品を提供する事業所とそれを消費する利用者というような構図になりがちです。しかし、私たちの目的は障害者が市民として自立した生活を送るために障害(バリア)となっていることを健常者と障害者が一緒に取り除いていこう、支援する側と支援される側というような区別ではなく、共に手を携えていこうという精神を脈々と受け継いでいます。

◯こんな介護活動に取り組んでます

 

障害当事者(利用者さん)の主体性を尊重し、利用者さん、ヘルパーさんとスタッフとのコミュニケーションを重視して介護活動に取り組んでいます。

 

1.利用者さんが自分で責任を持ち生活を決定するのを大切にしています。

2.利用者さんの生活スタイルに合わせて介助派遣を行っています。

3.身体介護を伴う場合は同性が介護するなど性に対する配慮を行っています。

4.スタッフ、ヘルパーさんのスキルアップのため積極的に研修を行っています。

5.利用者さん、ヘルパーさん、スタッフの間の温かい交流を大切にし、交流会の開催や情報誌の定期発行などを行っています。

6.より良い介護はそれに見合う報酬や労働条件の整備が不可欠です。ヘルパーさんの処遇改善のために積極的に取り組んでいます。

7.他者の生活に関わるので、守秘義務(利用者さんの秘密の厳守)を徹底しています。

8.NPO(特定非営利活動法人)の特性を生かし、営利を目的にするのではなく、障害のある人があたりまえに暮らせる街の実現のために、常にスタッフ全員で話し合いながら運営しています。

◯いっしょに参加しませんか

 

以上のような諸活動を行っていますが、それに必要なヘルパーさんが十分ではないのが悩みです。とくに女性宅にて夜勤ができるヘルパーさんが不足しています。(当法人では身体介護は同性介護のみとしておりますので、女性ヘルパーを急募しております)以上の趣旨に賛同いただける方、応募をお待ちしています。

 

現在も様々な年代、異業種での経験や経歴をもつ職員とヘルパーが多数在籍しています。皆さんお一人お一人の個性が引き出しとなり役に立ちます、ぜひ私たちの仲間になってください!

ヘルパー派遣事業のスタッフ近影